自撮り目線のサル

動物が自撮り!?

野生のサルやトラが自撮りをしている、というかなり面白そうなニュースがネット上に掲載されていました。

 

といってももちろん自分でスマホを使って撮影しているわけではないのですが、、、。世界自然保護基金という団体は野生動物の保護のために、その生態を知るべく森の中にセンサー付きの自動撮影カメラを設置しているようです。

 

このセンサーは目の前を何かが動いて横切ると反応してシャッターが自動で切られるというものなのですが、このカメラが撮影した写真を見てみると、興味津々でカメラを覗き込む動物やシャッター音やフラッシュに驚いて、カメラに気が付きカメラを正面から見つめる動物などの写真が多くあるようです。

 

まさに自撮りをしているかのような写真ばかりとのこと。

 

やはりカメラマンが直接、撮影しようとしたらなかなか撮影することのできない写真なのかもしれません。まさか動物のほうも自分の顔がアップで撮影されているなんて思いもしないでしょう。犬を飼っている人などはこんなカメラを家に隠しておくと可愛い写真が撮れるかもしれませんね。